デジタルサイネージ

デジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displyの注目度

いま、多くの人たちが注目しているのはデジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displyです。果たして、デジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displyとはどのようなものを言うのか、もう少し
具体的にしてみましょう。

デジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displyの種類

デジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displyの種類として、ネットワークを利用する視点と、ユーザーとのコミュニケーションを取るという2点から考えることができます。

ネットワークを利用する視点で考えると、デジタルサイネージ・digitalsignageは、メディアにコンテンツデータを入れて読み込ませ表示「スタンドアロン型」と、ネットワークを利用してコンテンツを配信「ネットワーク型」があります。

スタンドアロン型のデジタルサイネージ・digitalsignageは、まず、パソコンで作った広告のコンテンツをUSBメモリやSDカードで保存します。そして、それをデジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displyに差し込み広告を表示
します。

一方でネットワーク型のデジタルサイネージ・digitalsignageは、ディスプレイ・displyをネットワークにそのままつなげて利用する方法です。

ユーザーとコミュニケーションが取れる視点

またデジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displyをもう一つの視点で考えれば、課題はユーザーとコミュニケーションが取れるかです。

その場合、「ブロードキャスト型」と「インタラクティブ型」に分類することができます。

ブロードキャスト型のデジタルサイネージ・digitalsignageは、側にいるユーザー全般に向けた情報を発信するメカニズムのことを言います。

実際には、コミュニケーションを取るとはいうことができないため、単方向的手段です。

また、インタラクティブ型のデジタルサイネージ・digitalsignageは、タッチパネルを活用し、ユーザーとコミュニケーションを取る方法です。

コミュニケーションを取ることができるデジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・disply、まさにそれはデジタルサイネージ・digitalsignageの進化型と言っていいでしょう。

現代社会にもっとも求められているデジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displyのあり方とは、「コミュニケーションを取ることができるデジタルサイネージ・digitalsignage」なの
かもしれません。