ディスプレイ,  モニター

モニターとディスプレイの違い

みなさんも商品を購入しようとするとき、モニターと、ディスプレイの違いのことがあまりよくわからないのではないでしょうか。

なんとなく、曖昧な判断をして誤魔化してしまっているケースも結構ありますが、モニターと、ディスプレイの違いがわからないと結構先に進めないという思いもありますが……。

パソコン画面を表示させる装置のことを、「モニター(monitor)」と言っている人たちもおり、「ディスプレイ(display)」という人たちもいます。

それほど大きな意味があるのか……

両方を適当に使用している方々もいますが、「モニター(monitor)」、「ディスプレイ(display)」どちらを使用しても、伝えたいと思っている人たちはそれなり理解をしてくれているのではないでしょうか。

なんとなく、「ディスプレイ(display)」と言ったほうがかっこういいからという理由もあるかもしれません。

モニターのほうが、言葉が幾分短いから都合がいいと思っている人たちもいるでしょう。

モニターとディスプレイの本来の意味

モニターとディスプレイの本来の意味ですが、 「モニター」には「監視」、「ディスプレイ」には「表示」という意味合いの違いがあります。

監視カメラなどで使用しているものは、ディスプレイという言い方よりは、モニターという言い方をしたほうがしっくり来る感じがあります。

最近、モニター、ディスプレイはパソコンで使用される機会がとても増えて来ていますが、パソコン自体、いろいろな用途で使用することができるから、 「モニター」でも「ディスプレイ」でもどちらでも構わないという感じがします。

タッチパネルが登場

時代はどんどん進化して、タッチパネルの機能を持ったものなど次々と登場するようになって来ました。タッチパネルなど、画面上で操作ができる部分がよりアピールされれば、モニターというよりは、ディスプレイというイメージがより強くなって来ます。

使い分けがわからない

パソコンから「HDMI端子」や「DVI端子」を通して、画面が出力される液晶の機器に対して、それでもある人はモニターといい、ある人はディスプレイと言います。モニターと、ディスプレイを、解像度や明るさの違いで区別をしている人たちもいるようですが、結局はそれほど意味のあることではありません。

現代社会では、いろいろメーカーがいろいろな商品を出し、互換性が失われているケースがよくありますが、モニターとディスプレイという言葉の違いも、それぞれの企業が、個性を出すために互換性のなさを露出してしまっているのかもしれません。

かつて、モニターとディスプレイには違いが存在していたとしても、現代においてそれほど拘りを持つほどの違いはないという結論でいいでしょう。

ですから、「モニター」でいままでネットショッピングのキーワード検索していた方々は、「ディスプレイ」で検索してみると、もっといいアイテムの情報を見つけることができるかもしれません。