機材レンタル

機材レンタルのメリット

みなさんは機材を求めている時、すぐに購入という手段に出てしまうのでしょうか。果たしてそれが正しい判断なのか見極める必要がありそうです。実際にはいざという時に、レンタルという選択肢を取る方々も多くいます。その理由を探ってみましょう。

実際に多くの個人・企業のみなさんが機材をレンタルするのは、価格面でバランスを維持することができる点です。レンタルすることで、企業の運営がスムーズに行くでしょう。 購入・レンタル以外には、リースという方法もあります。

機材レンタルという場合、資産計上ではありません。レンタル費は経費での処理することができ、利用するごと、費用の把握をしやすいというメリットがあります。リースという選択肢もありますが、そちらでは、資産に計上される場合とそうでない場合が出てきます。
一定の支払いが必要となり、資産計上されないケースでも、簿外には資産が存在しているような形となります。

機材をレンタルするならAZAがおすすめ

メンテナンスのメリット

みなさんが機材をレンタルしようと思えば、その都度しっかり整備の行き届いたものをレンタルすることができるメリットがあります。購入が都合いいと思っている方々もいますが、結局、そのような人たちは使用するたびにいちいちメンテをしなければならない面倒くささに遭遇してしまうことになります。

リースの場合でも、実際には、購入同様に日常の維持・管理は契約者が実施する必要が出てきてしまうので、手間と費用は、購入者と同じ程度かかってしまうことでしょう。

数の変更

機材をどの程度の数必要なのかは、その都度事態によって変化するでしょう。購入という場合、なかなかそのような調整が難しいことになりますが、機材をレンタルする場合、その都度、必要な数の依頼を出せば問題はすぐに解決するでしょう。

ランニングコストについて考える

更に、機材ランニングコストについて考えてみましょう。業務用無線機を保有するという場合、 台ごとに毎年の電波利用料金が必要になったりします。 年ごとに免許状や登録状の更新が必要になったりすることもあり、もしもみなさんが機材レンタルと向きあうことができれば、そのような費用や煩わしい手続きがレンタル費に含まれる形になり、更にバッテリーなどの消耗品のメンテナンスも含まれた費用設定になります。

リースの選択肢の場合、契約にあらかじめ消耗品分を含めている場合、消耗品費としてはかからないですが、消耗具合の診断の費用などは別途の負担が必要となるケースもあります。

そして、もしもみなさんが購入という選択をした場合、 経年劣化によっての製品自体の陳腐化からのリプレイスをどうしても余儀なくされることになります。

そこには、消耗品の定期的なメンテナンスをしなければならない面倒くささもあります。 置く場所の確保、使用ごとにセットアップする作業や、清掃などいろいろな問題を回避することができるのがレンタルという選択肢です。

おすすめのレンタル会社

いろいろなおすすめのレンタル会社があるのでチェックしておきましょう。プロジェクター、スクリーンなど映像機器や音響機材のレンタルならAZAです。株式会社タマヤでは、無線機レンタルをスタートしました。カリナイトでは、短期即日発送を実現しています。どの機材レンタル会社が、みなさんにとって一番のメリットをもたらしてくれるのでしょうか。